証券口座開設の窓口

証券口座を開設する

証券取引の始め方

証券口座開設について記載しています。いきなり証券口座開設と言われてもピンとこない方もいらっしゃると思いますので、ここで少し証券取引について説明したいと思います。証券とは現金以外の有価証券の事を指して言います。一般的に有名なのは株式や債券ですね。

主に有価証券を用いて運用される投資目的の取引の事を言います。ここでいう債券とは国債や社債など投資を目的として発行される有価証券の事ですが、投資目的以外にも住宅ローンや自動車ローン等の各種ローンや会社の備品を揃える時に利用するリースなども債券が発行されるので契約を結ぶ時には証券取引という事になります。

この他為替を用いた取引として行われるFXや外貨建てファンド等も証券取引の一種です。投資とは資金が必要な法人や国に対して個人投資家や機関投資家がその企業や国が発行する有価証券を買って資金を提供する方法ですが、投資家達は自由に有価証券の売買が出来るため、常にその価値は変動して行きます。

景気が良くなるとその有価証券は安全な資産としての価値を高めるため、株価は高くなり、景気が悪くなると株価が下がるという訳です。これに比べFXは外貨を売買する取引として知られていますが、実際には投資家が直接市場に参加して外貨を売買する訳では無く、FX業者や証券会社を仲介として口座を開き、中間に為替を介して外貨の売買を行っています。

したがってあまり意識はされていませんが厳密に言えばFXも証券取引の一種となるのです。有価証券は相続や譲渡などによる個人間のやり取りもありますが、市場で公開されている上場株や国債や社債などの債券、外貨(外国為替)の場合は専門の業者との契約によって売買するのが通常です。ここでいう専門の業者とは主に証券会社の事を指しています。証券会社の場合には有価証券を用いた種々の証券取引を行う事が出来るのです。

しかし証券会社を通じて証券取引を行う為には証券会社に口座を開く必要があります。この口座は銀行やゆうちょ銀行の口座と良く似ていますが、取引の方法によっては約定(利益や損失の確定)まで自由に出金出来ないタイプの物もあります。長引く経済の低迷と低金利政策の長期化、年金精度の不安から個人の資産を投資によって運用する必要性は今後ますます高まると予想されています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 証券口座開設の窓口 All Rights Reserved